Posted by at

2010年11月25日

ある猫の記憶

先日、猫をみかけました。

その猫をみていると、高校のころ友人の家にいた猫を不意に思い出しました。

20年以上前の事です。友人宅で猫が、寄ってきたので撫でていました。

友人曰く「こいつが知らん人に触られて平気なんて、凄いことや」。

なんでも知らない人は大嫌いな猫ということでした。

人に懐かないものが、自分に懐くというのは何故か気分がいいもので、調子に乗った私はおもしろがって、「馴染みましたねえ」
といろんなところを触っていました。

突然、急に思いっきり引っ掻かれました。

手は蚯蚓腫れ。

その後、猫はプイっとどこかへ行ってしまいました。

その様子がいかにも我慢しててやったのにというような感じで手の痛さはさておき面白く感じました。

その猫のことはすっかり忘れていたのですが、先日、近所をタフそうに油断なく歩いている野良猫を見て20数年ぶりに急に思い出しました。

人に飼われていてもどこか野性を残す猫は不思議な生き物だなあと深い記憶を呼び覚まされたこともあってか、感じました。

  


Posted by やまおやじ at 12:33Comments(2)

2010年11月18日

ある日の散歩

最近散歩をサボっていました。

しかし、今日は久しぶりに歩くのだ!と決意し歩き始めました。

山道に入り、気分良く動物の足跡などを探しながら、やっぱり歩くのはいいと悦に入っていって風景なども写していました。

しかし、しばらくすると雲行きが怪しくなってきました。

日がさしながらも雨が激しく降ってきました。

「最悪や!」と思いながらもしばらく歩いて山のほうを見ると天気雨の中虹がかかっていました


天気雨も悪くないなと単純にも思いながら山道を抜けるとただの雨になりました。



びしょびしょになりながら家の付近までたどりつくとまた青空が戻り始めました。


一日の散歩の様子でした。



お読み下さった方、なんのオチもなくすいません。  


Posted by やまおやじ at 16:49Comments(2)

2010年11月14日

能面を見に行った

昨日、能面を見に少し離れた兵庫県の篠山市にいきました。

ここには能楽資料館というのがあって、昔の名作といわれる能面が沢山あります。

どの物語にどの面をつけて舞うかなどという知識が全くないので、面をただ見て面白がるという単純な楽しみ方をしてきました。

しかし能面というのは存在感が凄いです。

一見単純でデザイン的にみえるものもあるのですが、なぜかおもろいなあと見入ってしまいました。

日本にも面白い彫刻が仏像以外にもあったんだなあと感じました。

撮影は固くお断りしますという貼り紙に従ったため気に入った面の写真は写せませんでした。

残念!


  


Posted by やまおやじ at 18:36Comments(4)

2010年11月11日

ナチュラリスト講座

この間から参加させてもらっているナチュラリスト講座で撮った写真です。

これ木にある動物がつけた泥の跡なのですが、何の仕業かわかるでしょうか。

高さは1mぐらい、さらに木に付着していた体毛は曲げると、しなりました。




木に泥をつけて歩くのはシカとイノシシということなのだそうですが、ある程度高さがある場合はシカ、低い場合はイノシシだそうです。

さらに木に体毛が付着していたらその体毛を曲げてみて、しなるのがシカ、折れるのがイノシシとのことでした。


よって答えはシカらしいです。


ナチュラリスト講座に入れてもらってから、2度ほどフィールドにでましたが、おもしろいです。

自分のことを一端の動物好きと思っていましたが、知らないことだらけで「へー」を連発する事態に陥っています。

「やまおやじ」とは名ばかりだったなあーと反省する今日この頃です。



  


Posted by やまおやじ at 13:00Comments(0)

2010年11月04日

友人Mがきた

先日、北海道にいる友人Mが仕事のついでに遊びに来ました。

学生時代のように馬鹿なことを話して楽しい時間を過ごしました。

この時私が書いているブログの話が出ていたので「お前の写真ブログに載せたる」と隙ができたときにデジカメでMを写しました。

意外に渋く写ってしまいました。

こんな風に撮れたとMに見せると本気か嘘気か「これだったらブログにのせていい」と許可を出しました。

しかし、許可がおりると人間、載せたくなくなるものです。

よって写真はありません。

Mがこれを見て残念がるか、安心したか知りたいところです。


  


Posted by やまおやじ at 11:45Comments(4)