スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2012年09月30日

フクロウ本 「フクロウを撮る」

またまた間があいてしまいました(なんかこれが恒例の出だし文のようになってしまっていますが・・・)。

今日もウラルフクロウの写真集の紹介です。


この本の著者は昼は農作業、夜に撮影というハードな生活の中でこれらの写真を撮られたそうです。

おかげで身体を壊し、入院生活を余儀なくされたそうです。

しかしフクロウの生態写真が見事な執念の写真集です。

現在も本屋さんにあるようですので

フクロウが好きな方はぜひご一読を!  


Posted by やまおやじ at 11:37Comments(4)

2012年09月20日

フクロウ本の紹介「森のフクロウ」

またまた間が空いてしまいました。

今回も日本のウラルフクロウの写真集です。

題名は「森のフクロウ」


前回紹介した写真集「フクロウ」よりフクロウの感じがやわらかい写真が多い印象ですが、(のんびりたたずんでる様子が多いためか),前者とおなじぐらい好きな写真集です。

残念ながら、現在は新刊の書店には並んでないようで入手しずらくなっているようです。  


Posted by やまおやじ at 06:37Comments(5)

2012年09月12日

フクロウ本の紹介 「フクロウ」

勝手に持っているフクロウ本を紹介しようと思い立ち、最初の一冊を紹介したのが、ほぼ2週間前。

次はどの本にするかなーとブログを書こうかなと思うたび度に考えているとこんなにも時間がたってしまいました(いい訳)。

今日紹介するのは、日本のフクロウ写真集の古典と思われる「フクロウ」





野生のウラルフクロウ(日本で一般的にフクロウと呼んでいる種は正式にはウラルフクロウという種類だそうです)の姿を鮮明に写しだした写真集です。

はじめに見たとき(確か学生の頃でした)、すごいなあと思い、値が張るにも関わらず即、購入したのを覚えています。

最近、復刻版が出たようです。

いい本が蘇りました。  


Posted by やまおやじ at 07:12Comments(5)