スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2012年11月27日

フクロウの本の紹介「梟 フクロウ」



先週、雑誌「Birder」を紹介させて頂きました。

そのbirderを出版されている文一総合出版社から出ていた写真集「梟 フクロウ」です。


日本で見られるフクロウ類が豊富なカラー写真で紹介され、さすが雑誌Birderを出している出版社のフクロウの写真集だと納得できる充実度です(偉そうなコメントでスミマセン)。

品切れ状態なのが残念!

  


Posted by やまおやじ at 11:35Comments(6)

2012年11月19日

フクロウ本「雑誌バーダーのフクロウ特集号」



またまた、間が空いてしまいました。

今日、紹介するのが私が勝手に「野鳥好き度の段階的リトマス試験紙」と名付けている「雑誌バーダー」です(笑)

「野鳥好き度の段階的リトマス試験紙」とはどういうことか?と説明いたしますと

第一段階、そんな雑誌は知らないという人…普通の人

第ニ段階、知ってるけど特には読まないという人…生き物好きだが、野鳥に特に興味のない人

第三段階、たまに読む、好きな特集のときは買う…結構野鳥が好きな人

第四段階、毎回、隅から隅まで読む・・・コアな野鳥好き

というふうにこの雑誌との接し方で野鳥への関心度を私が勝手に測っているからです(笑)

まあなんの根拠もないですので、はずれている方がおられても怒らないで下さいね。

写真はそのバーダーのフクロウ特集をフクロウの焼き物を造る際の参考資料として集めたものです。

内容は重複するところがありましたが、初耳なことが多く書かれていてフクロウという鳥を知る上で非常にためになりました。

1998年2月号もフクロウの特集記事らしいのですが、これは未だ入手できておりません。

私も「結構野鳥が好きな人」に仲間入りし始めているかもしれません(笑)  


Posted by やまおやじ at 15:34Comments(4)

2012年11月08日

フクロウ本「アオバズク物語」

またまた、フクロウ本の紹介です。

今日は、季節外れですが青葉が茂る頃、日本にやってくるアオバズクの写真集です。



前回紹介したコノハズクのみの本も珍しいですが、アオバズクのみのものも珍しいと思います。

この本、著者はプロのカメラマンの人ではないということなですが、それが写真集として世に出回るのだから凄い腕。

アオバズクのいろいろな表情が見られる見ていて楽しい写真集です。  


Posted by やまおやじ at 11:31Comments(4)