2012年09月30日

フクロウ本 「フクロウを撮る」

またまた間があいてしまいました(なんかこれが恒例の出だし文のようになってしまっていますが・・・)。

今日もウラルフクロウの写真集の紹介です。


この本の著者は昼は農作業、夜に撮影というハードな生活の中でこれらの写真を撮られたそうです。

おかげで身体を壊し、入院生活を余儀なくされたそうです。

しかしフクロウの生態写真が見事な執念の写真集です。

現在も本屋さんにあるようですので

フクロウが好きな方はぜひご一読を!


Posted by やまおやじ at 11:37│Comments(4)
この記事へのコメント
凄い!エゾフクロウ?がエサのネズミをくわえて
巣に戻ってきたところをパチリ!!
ホントに奮闘観察写真ですね。本屋さんで見てみなきゃ。

CMにのりやすいレイア
Posted by レイア at 2012年09月30日 13:42
これは長野県で撮られたのでウラルフクロウ
の中のエゾフクロウではありません。
では、亜種何フクロウ?といわれても私も分からないのですが(笑)

(注)日本にはウラルフクロウの亜種が4種類いるということです。

本屋さんは大きいところで探してみてください。
小さいところでは残念ながら見たことはありません。

利潤のないCMをしているやまおやじでした(笑)。
Posted by やまおやじやまおやじ at 2012年09月30日 18:44
おもしろそうなので、「フクロウを撮る」で検索したら、やまおやじ日記が上位に出てきました(笑)
Posted by つこつこ at 2012年10月01日 13:41
つこさん

ありゃりゃ、じゃあ利潤のあるCMになっていますね(笑)

「フクロウを撮る」の作者様、どうもすいませんです。

また、私のHPの運営に関わって下さっている方々、
この場を借りて御礼申しあげます。
「ありがとう」(笑)
Posted by やまおやじやまおやじ at 2012年10月01日 14:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。